ニキビパッチの種類と使い方

ニキビパッチ
日本ではあまり知られていませんが、美容大国韓国ではニキビケアと言えば「ニキビパッチ」が主流なようです。
ニキビパッチとは、ニキビに直接貼り付けることのできるシールのようなもの。いわば、ニキビ専用の絆創膏です。

内側にニキビに対する有効成分が付着しており、さらに外部刺激からニキビを守ってくれるとあって、韓国コスメ好きの方には人気の商品です。

ニキビパッチの販売元は主に韓国であるため、日本での入手はネット販売や韓国系雑貨店などに限られていますが、徐々に認知度が上がってきているので近々日本の薬局でも売られるようになるかもしれませんね。

そんなニキビパッチの使い方や種類を調べてみました。

 

ニキビパッチの使い方

種類によって異なることもありますが、ニキビパッチの基本の使い方は大体同じです。
洗顔後、化粧水などで肌を整えた後に、ニキビができている部分にそのまま貼るだけでOKです。肌が濡れているとニキビパッチがはがれやすいので、タオルで軽くふき取って乾いた状態にしてから貼り付けるのがおすすめ。

 

装着時間は?

推奨装着時間は商品によって違いますが、夜寝る前に付けて朝起きてから外したり、出かけている間はずっとつけっぱなしにしていたりと、半日程度は装着したままにするものが多いようです。

 

上からメイクしていいの?

ニキビパッチの中には肌に貼っても目立ちにくい種類のものがあります。日中に使いたい場合はそういったものを選ぶとよいでしょう。

ニキビを隠すために上から化粧をすると、余計にニキビを悪化させてしまうこともあるのですが、それを防ぐのにもニキビパッチは役立ちます。
化粧をした上からニキビパッチを貼ると剥がれやすいので、ニキビパッチの上からメイクをするのが正しい使い方です。

 

色々なニキビパッチをご紹介!

ニキビパッチにも色々な種類があり、特徴もそれぞれ違います。
人気のニキビパッチをいくつか紹介していきます。

 

Nexcare(ネクスケア)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

🇯🇵小板橋 かすみさん(@kitbsksm)がシェアした投稿


女の子のイラストが印象的なこのニキビパッチは、絆創膏などで有名なネクスケア社から販売されています。

自宅用のブレミッシュクリアカバー(ピンク色)と、より目立ちにくい外出用のブレミッシュクリアカバーライト(緑色)の2種類があります。形も円柱型と四角型があるようですね。

販売サイトには「皮脂や膿が詰まっているニキビは綿棒等でつぶしてから貼る」というような指示が書いてありました。日本ではタブーとされているニキビをつぶす行為ですが、韓国ではニキビの膿は出して治すという考え方があるようです。

ネクスケアのニキビパッチは、接着面に触れることなく貼ることができるという魅力があります。
接着面の3分の1に色のついたシートがついており、ニキビパッチが台紙から浮いた状態になっています。そこを掴んで台紙からはがし、シートのない接着面を皮膚に貼ってからシートをはがすという手順で、接着面に触れることなく貼り付けが可能です。

接着面に指紋がついて粘着力が落ちてしまったり、雑菌が付いてしまうのを防ぐための工夫となっています。

ネクスケアのニキビパッチはニキビに貼ると患部の部分が白くなります。この白くなった状態が無くなり透明になるまで貼っておくことを推奨しているため、2~3日は貼ったままにするのが基本のようです。

 

アクロパス エイシーケア

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

kayoさん(@kayop77)がシェアした投稿

アクロパスの接着面は有効成分がより浸透しやすいよう突起上になっているため、1つずつパウチでの個包装となっています。

こちらのニキビパッチには中央の突起部分以外に保護フィルムが付いています。保護フィルムは真ん中から2つに分かれるので、片方ずつ貼れば接着面に触れずに貼ることができそうです。

アクロパスの推奨接着時間は2時間以上です。ネクスケアと違って長くないので、寝ている間だけ付けたい人におすすめですね。

 

G9SKIN ACソリューションクリアスポットパッチ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

G9SKINさん(@g9skin_japan)がシェアした投稿

G9スキンのニキビパッチは、直接触れることなく衛生的にニキビの膿を除去できるニキビパッチです。
約10時間ほど貼ったままにしておくことでパッチが膿を吸収し、パッチをはがすときに膿も一緒に除去することができるのです。

ネクスケアのように、こちらもニキビパッチを貼るとニキビ部分が白く膨らんできますが、全体的に白くなってきたら剥がして新しいニキビパッチを貼って良いようです。

厚さ2㎜という薄さと、生活防水仕様になっているため、日中でも目立たずはがれにくいニキビパッチです。

このニキビパッチの台紙は半分に切り取れるようになっており、他のニキビパッチと比べると簡易的ではありますが接着面に触れずに装着が可能です。ただし、1つずつ切り取れるようになってはいないので台紙をカットする必要があるかもしれません。

 

スキンフード ティーツリーシークレットスポットパッチ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

sachikaさん(@schk_maru)がシェアした投稿

スキンフードのニキビパッチは、殺菌力の強いティーツリーオイルを使用しています。
洗顔後、乾いた状態の肌に8~12時間の装着がおすすめです。「同じ部位に繰り返し使わないでください」との表記があるため、治るまで貼り続けるのではなく、一度剥がしたらしばらく様子を見たほうが良いようです。

こちらのニキビパッチは2種類の大きさが入っているのでニキビのサイズに合わせて使い分けられます。
ニキビパッチ4つずつで切り離せるよう台紙にミシン目が入っていますが、剥がす際はピンセットか指を使わなければならず、他のニキビパッチのように接着面に触れないような加工はありません。

 

エチュードハウス ACクリーンアップスポットパッチ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Halle 💄さん(@daamachi.halle)がシェアした投稿


韓国コスメで有名なエチュードハウスから出ているニキビパッチです。
サイズは10㎜と13㎜の2種類が入っているのでニキビの大きさに合わせられます。

整肌や潤い成分が含まれているので、乾燥が気になる方にはおすすめかもしれません。
透明なシートで目立ちにくく日中も使えます。
推奨装着時間は8~12時間程度。

こちらのニキビパッチもシートから直接剥がして使うタイプですので、接着面に指が触れるのが気になる方には向きません。

 

ニキビパッチは貼っておくだけの簡単ニキビケア

ニキビパッチの基本の使い方は洗顔後に貼っておくだけととっても簡単です。
韓国では化膿してしまっているニキビは膿を出して治療するということがベースにあるようなので、ニキビパッチを貼る前にニキビをつぶしてしまうことを推奨するものもあります。自分でニキビをつぶすことに抵抗がある方は、膿を取り除くことができるニキビパッチもあるのでそちらを選ぶといいかもしれませんね。