ニキビ改善のためにできることを調べてまとめたサイトです。

しつこいニキビとお別れするために

ニキビ 化粧水

ニキビを治すのに効果的な化粧水は?薬局で買えるものから選んでみました

投稿日:

ニキビを治すための化粧水

ニキビを治すためにニキビ向けの洗顔料を選んだり、外用薬を使ってみたりといろいろと工夫をすると思うのですが、化粧水ってニキビとはあまり関係ない気がして何となく適当に選びがちな気がします。

化粧水にもニキビを治すのに効果的なものがあるのかな?と疑問に思ったので、ニキビに効きそうな化粧水を調べてみることにしました。

 

ニキビを治すのに化粧水は要る?

化粧水の役割

そもそもニキビを治すためには化粧水は付けた方がいいのでしょうか?それとも付けないほうがいいのでしょうか。

大人ニキビと思春期ニキビ、どちらの場合でも化粧水の使用はおすすめであると私は思います。

化粧水は洗顔後の肌のphを調節する役割を持っています。
私たちの肌は普段弱酸性ですが、洗顔料がアルカリ性であったり、水が中性であったりして、洗顔後はアルカリ性よりに傾くのだそうです。それをなるべく早く元の状態である弱酸性に戻すことができるのが化粧水。

放っておいてもお肌は弱酸性に戻るのだそうですが、乾燥肌やニキビ肌の場合この機能が落ちていることもあり弱酸性に戻すまでには時間がかかります。
さらに、アルカリ性から弱酸性に戻る通過点である弱アルカリ性はニキビを悪化させてしまうアクネ菌が繁殖しやすい環境なのだそうです。弱アルカリ性の肌の状態を早めに通過させるために、化粧水が役立ちます。

 

 

界面活性剤入りの化粧水はニキビに悪影響?

化粧水の界面活性剤

化粧水に含まれる界面活性剤がニキビに良くないのではないかと感じる方もいるみたいですね。
界面活性剤は、化粧水に限らず様々な化粧品に含まれており、洗浄効果の他には、本来混ぜ合わせることのできない物質を混ぜ合わせるためにも配合される成分です。

界面活性剤は高濃度であれば確かに肌に刺激を与えることが考えられますが、化粧水に含まれる界面活性剤はごく微量であり、この濃度では全く問題がないと言われています。

 

ニキビを治すための化粧水選び:保湿効果

ニキビ肌に対する保湿効果

ニキビを治す目的で化粧水を選ぶなら、私は保湿重視で選ぶとよいのではないかと思います。

ニキビ肌は一見オイリーであることが多く、保湿は必要ないのでは?と思われがちです。
ニキビは皮脂が過剰に分泌されるためにできるので、乾燥を防ぐための化粧水は意味がないのではないかと思うかもしれません。

ところが、特に大人ニキビの場合脂性肌に見えて実は乾燥が皮脂の過剰分泌を起こしているということもあります。肌が乾燥しているとそれを守るために過剰に皮脂が排出されてしまうのだそうです。
この場合皮脂の過剰分泌を抑えるために、肌を乾燥から守る化粧水を用いることはニキビ肌改善に大きな役割を持つと考えられます。

また、思春期ニキビの場合は多くがホルモンバランスの影響で皮脂の過剰分泌が起こるため、肌の乾燥によってニキビができることは稀です。
ですが、思春期ニキビの場合は過剰分泌された皮脂を落とすために洗浄力の強い洗顔料を使うことが多いため、洗顔後は肌が乾燥します。乾燥した肌をそのままにしておくとさらに皮脂が過剰になってしまうことも考えられますので化粧水をつける必要があると思われます。

 

ちふれの化粧水は保湿効果の高さにプラスして、炎症を起こして敏感になっているニキビ肌にも使いやすい低刺激な成分になっています。

・ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ

180ml 604円(税込)

ちふれは公式HPを見ると配合量も記載されているので何がどれくらい配合されているのかわかって非常に親切です。

これ最強すぎた #chifure #化粧水 #とてもしっとりタイプ

ゆうりさん(@yuuri.ry1221)がシェアした投稿 -


【配合成分】
水、グリセリン、BG、DPG、メチルグルセス-10、エリスリトール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、PEG-75、メチルパラペン、フェノキシエタノール、トレハロース、ヒアルロン酸Na、クエン酸Na、クエン酸

基材はグリセリンが一番多く、次いでBG、DPGとメジャーな保湿剤が使われています。
保湿成分はそれ以外にも、肌のNMF(天然保湿因子)と構造が似ているメチルグルセス-10、水分の蒸発を防ぐエリスリトール、グリセリンと同等の保湿効果を持ち肌なじみを良くするためにも使われるPEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、品質保持やとろみをつける役割のPEG-75、細胞保護効果を持つトレハロース、肌の保護膜となるヒアルロン酸Naが含まれています。
メチルパラペンフェノキシエタノールは防腐剤であり、併用することで防腐剤の総合量を減らしつつ防腐効果を高めています。
クエン酸クエン酸Naはセットで配合されることで製品のphを肌と同じ数値に安定させる役割を持ちます。微量しか配合されないことが多いので刺激の心配はほとんどありません。

ニキビに対する有効成分は含まれませんが保湿力が高く、無香料・無着色・アルコールフリーですので敏感肌の方にも向いています。

 

ニキビを治すための化粧水選び:有効成分

有効成分の入った化粧水

炎症を起こしてしまっている赤ニキビや黄ニキビがある場合は保湿だけでは改善できませんので、殺菌や消炎などの有効成分が含まれた化粧水もおすすめなのではないかと思います。
ただし、殺菌効果のある有効成分は肌に存在する良い菌まで弱らせてしまうことがあります。なるべくなら殺菌成分は外用薬などを使ってピンポイントに塗布する方が良いのではないかと思います。

殺菌効果のある化粧水は、顔全体にニキビが広がってしまう思春期ニキビなどにおすすめです。

オードムーゲは50年以上前からあるニキビ用化粧品です。
ふき取り化粧水もありますが、保湿成分やGP(安全性に対する懸念から使用されている商品が少なくなっている成分)を使用していない点で保湿化粧水の方をお勧めしています。

・オードムーゲ 薬用保湿化粧水

200ml 1296円(税込)

オードムーゲは医薬部外品ですので配合成分の配列が多い順ではありません。

【配合成分】
有効成分:イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸二カリウム
1,3-ブチレングリコール、エタノール、グリセリン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アロエエキス(2)、ニンジンエキス、水酸化ナトリウム、クエン酸、パラベン、香料、精製水

殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールと、消炎効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムがニキビを抑える有効成分として含まれます。
1,3-ブチレングリコールとはBGのことで、化粧水に多く含まれる保湿剤です。グリセリンヒアルロン酸Naの組み合わせは、肌の表面に薄い皮膜を作ることで外気の乾燥に左右されることなく肌の潤いを保ちます。アロエエキスは保湿力に優れ、ターンオーバーを促進させる効果、ニンジンエキスは肌再生に影響を与える老化防止効果も期待されています。
エタノールは溶剤としてや、清涼感を与えたりべたつきを抑える目的で配合されます。
ph調整剤として水酸化Na、クエン酸が用いられています。

 

最近、ニキビの改善に一役買ってくれると好評のハトムギ化粧水の成分は、想像以上にとってもシンプルです。そのため保湿効果はあまり高くありませんが、ニキビ用化粧水としては必要最低限の配合成分であると感じます。
さっぱりとした使い心地で10代からの支持率が高いのも納得です。

・ナチュリエ ハトムギ化粧水

500ml 702円(税込)

【配合成分】
水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

化粧水に含まれるベースの成分としては定番の保湿剤DPGBGグリセリンが配合されています。
保湿と消炎効果、肌の角質代謝を高める働きがあるとされるハトムギエキスや、消炎効果の高いグリチルリチン酸2Kがニキビを抑える主な成分として含まれています。
(スチレン/アクリレーツ)コポリマーは皮膜形成成分と呼ばれ、肌表面を滑らかに保つために配合されていると思われます。
エタノールはバリア機能が弱っていたり敏感肌である場合、濃度によっては刺激を感じる成分ですが、ハトムギ化粧水の成分表示では配合量はあまり多くないと思われます。
クエン酸クエン酸Naはセットで配合されることで製品のphを肌と同じ数値に安定させる役割を持ちます。微量しか配合されないことが多いので刺激の心配はほとんどありません。
メチルパラべンプロピルパラべンは防腐剤の一種であり、異なる種類のパラべンを合わせて使うことで防腐力を高めています。パラべンなどの防腐剤にはマイナスなイメージが付いていますが、特にメチルパラべンは安全性の高い防腐剤であり、化粧品にとって最低限の防腐効果は安全性を保つ上でなくてはならないものです。

 

ニキビを治す化粧水まとめ

化粧水も洗顔料や外用薬などと同じように、ニキビの状態・原因によって何に特化した効果を求めるのかを決める必要があると感じます。
乾燥が原因でできる大人ニキビの場合は保湿効果に優れたものを、炎症が起きてしまっているニキビには抗炎症作用の成分が含まれたものを使うことがおすすめなのではないかと思います。

おおまかに分けると、大人ニキビには高保湿タイプ・思春期ニキビにはさっぱりタイプといったところでしょうか。
ただし、さっぱりタイプに多いのは使った後に顔をすっきりさせる目的でアルコールなどの肌に刺激を与えやすい成分が配合されているものです。
使用感は大事ですが、炎症を起こした肌は敏感になっていますのでなるべく低刺激なものを選ぶ方がいいのではないかと思います。

-ニキビ, 化粧水

Copyright© しつこいニキビとお別れするために , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.